国連CERF会議

2009年11月5日にビル·ウェイス

UN , New York; DSSG Envoy; Volodymyr Pekarchuk met with Chistelle Loupforest External Relations and Partnerships Section of the Office for the Coordination of Humanitarian Affairs at the United Nations

社会の主な懸念の中で人道援助提供の有用性と適時性を保証することである。 グローバルとローカルの両方のレベルでは、DSSGメンバーはこれらの目的に向けて援助ドナーとレシピエントと協力することを望む。 具体的には、社会は、国連ホワイトヘルメットワークの作品をサポートしています。

からイベント

コメントは、このエントリのため閉鎖されます。